×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦国セブン

戦国セブン

戦国セブンは シナリオを進めるようにストーリーが展 開、装備・武道館・副本など充実のゲームシステムを完備。
自動訓練・任務遂行でオフライン時もゲームを進められます。絶妙なゲームバランスで、さくっと& がっつり両面に対応。

基本プレイ無料。

戦国セブンとは?

シナリオを進めるようにストーリーが展開

時を越え、伝説の世界へ、始皇帝の誕生を阻め!

あなたの勇気で愛を集めろ!

クエストクリアetc … 数々の条件をクリアして美女画を手に入れろ!!

時間は止まらない、それが“ブラウザゲーム”

「自動申請」「自動訓練」「自動任務完成」などの機能を実装!

初心者ガイド

『戦国セブン』の世界に降り立ったあなたの能力はまだ微々たるものです。
これから戦国時代を生き抜くためには、昇級を続けてキャラクターの能力を成長させなければなりません。


『戦国セブン』の物語はまず「蓬莱島」から始まります。
ここでは、指示に従って武器の選択やアイテムの使用および装備などを行いながら新人任務を完了していきます。
手順に従って任務を進め、等級8まで昇級すると加入する国家を、等級10まで昇級すると職業(武器と技能派系)を選択し、その後は加入した国家のもとで成長を続けていくことになります。


蓬莱島  国の城内


昇級に必要な経験値はモンスター退治や任務の完了で獲得できます。モンスターに攻撃を仕掛けると精力を1消費し、精力が尽きるとモンスターを退治してもほとんど経験値が獲得できなくなります。強力なモンスターほど多くの経験値を獲得できるので、安全に倒せるモンスターを選ぶか、あえて格上のモンスターに挑戦するかで成長速度に差が出てきます。


等級が上がっていくと、城内の競技場に参加できるようになります。競技場はプレイヤー同士が互いの武芸を競う場所で、勝利すると栄誉点を獲得することができます。また、競技場で自分に敗れたプレイヤーと奴隷市場で再度戦い勝利すると、倒した相手を自分の奴隷にすることもできます。


野外でも互いがPK状態を設定していれば、他のプレイヤーに野外戦闘(暗殺)を仕掛けることができます。暗殺戦闘に勝利すると、相手の経験値や装備を奪うことができますが、敗れた場合は自分の経験値や装備が相手に奪われることになるでしょう。敵国プレイヤーを倒して貢献度を高め、自国民の支持を得られれば、国家君侯の地位に上り詰めることも可能です。


『戦国セブン』を初めたばかりの初心者に対しては、システムから自分を助けてくれる先輩プレイヤーの師匠候補を3人紹介します。初心者はこの3人の先輩プレイヤーの中から1人を選択し、師弟関係となります。師匠の助けを受け、弟子となったプレイヤーが一定の等級まで到達すると、弟子と師匠の両方に褒賞が与えられます。


初心者プレゼント ゲームを始めた初心者には、「礼包」と呼ばれるプレゼントが贈られます。プレゼントの中身は、経験値や各種アイテムに加え、商店で販売する有料アイテムやプレミアム機能の購入に使える「礼券」もあります。さらに、一定のレベルまで成長すると獲得できるプレゼントもあります。

ゲーム画面の右上にある「礼包」アイコンをクリックすると、獲得できるプレゼントや受取済みのプレゼントが確認できます。

プレゼントは忘れずに受け取りましょう。これらのプレゼントは、乱世の戦国時代にタイムスリップしたプレイヤーの手助けとなるでしょう!

ゲームのキーワード:経験値、精力、任務、競技場、奴隷、暗殺、国家君侯、師弟、プレゼント


経験値

経験値 経験値の獲得によりキャラクターは昇級します。
昇級に必要な経験値は等級により異なります。

経験値はモンスター退治や任務の完了で獲得できます。
また「大広間」で訓練を行うことでも獲得できます。

現在の経験値や等級まで必要な経験値は、
キャラクター詳細画面の下にある黄色い経験値バーで確認できます。

精力

精力はプレイヤーの活力を表すポイントです。戦闘などの行動を起こすために必要となります。


精力 ・精力の作用:戦闘を仕掛けると精力を1消費します。
 精力が尽きると戦闘で経験値をほとんど獲得できなくなります。

精力回復方法:精力は毎日朝8時に自動的に一定量が回復します。
 一般ユーザーは90点、プレミアムユーザーは102点回復します。

・精力の追加回復:本国の城内および「渑池」にある「客室」で、
 黄金を支払って精力を回復できます。回復できる精力には上限があります。

任務

『戦国セブン』には「新人任務」「主要任務」「副次任務」「日常任務」の4種類の任務があります。任務を完了すると、経験値、銅貨、各種アイテムなどを獲得できます。キャラクターの成長のために積極的に任務をこなしていきましょう。


また「日常任務」では【自動委託】機能を利用できます。【自動委託】を行うと、ゲームにログインしなくても任務を完了することができ、各種報酬も獲得できます。


任務
  • 新人任務:ゲームを始めたばかりのプレイヤーが受領する任務です。機能の説明などチュートリアル要素を含む任務のほか、国家と職業の選択も新人任務で行います。
  • 主要任務:新人任務をすべて完了した後に続けて受領する任務です。『戦国セブン』のメインストーリーとなる任務が進行していき、プレイヤーの等級が上がるごとに受領できる主要任務も増えていきます。
  • 副次任務:独自のストーリーで進行する任務です。必ずしも受領しなくてもよい任務ですが、上級職への転職任務などの重要な任務も含まれています。
  • 日常任務:本国の城内の「任務組織」から受領する任務で、毎日最大20個まで受領できます。日常任務には「戦闘型」「収集型」など計5つの種類があり、一部の日常任務は【自動委託】を利用できます。

競技場

競技場はプレイヤー同士が互いの武芸を競う場所で、勝利すると栄誉点を獲得することができます。獲得した栄誉点は「栄誉樹」と呼ばれる場所で経験、銅貨、鋳造材料、食物などと交換することができます。


競技場

奴隷市場

競技場で勝利すると、自分に敗れたプレイヤーの名前が奴隷市場の「敗将」リストに登録されます。ここで、もう一度そのプレイヤーに挑戦して勝利すると、自分の奴隷にすることができます。もし自分の奴隷を奪われた場合は、奴隷市場の「奴隷泥棒」欄に登録されたリストから、奴隷を奪い返すこともできます。


奴隷市場

奴隷を所有していると経験値を獲得することができるほか、奴隷にさまざまな労働を行わせることで経験や銅貨などの報酬を獲得することができます。奴隷にさせられてしまったプレイヤーも、主人(奴隷主)の機嫌を取ることで経験を獲得できるかもしれません。


暗殺

『戦国セブン』の舞台は乱世の戦国時代。野外を歩く際にも周囲に気を配らなければなりません。


暗殺 プレイヤーリストのキャラクター名の後ろにある「剣」のアイコンが赤いプレイヤーは、PK状態が【好戦】状態であることを表します。互いに【好戦】状態のプレイヤーならば、生死を賭けた暗殺戦闘を仕掛けることができます。

暗殺戦闘を回避したい場合は、PK状態を【友好】に設定しておけば、他のプレイヤーから暗殺を仕掛けられることはありません。ただし、野外の中には【好戦】状態でないと進入できない地域も存在します。

国家君侯

国家の最高管理者「君侯」は、戦国時代を生きる武士達の究極の目標のひとつです。

候補者として君侯選挙に参加し、国民の支持をもっとも多く獲得して当選すると晴れて君侯に選出され、国家管理の権限が1週間与えられます。君候は他国との外交関係(同名、中立、敵対)を決定できるほか、国家戦力の増強や、指名手配犯の特赦などを行うことができます。

君侯選挙の投票はプレミアムユーザーのみ参加できます。候補者には一般ユーザーでもなれるので、君侯を目指したい人はチャットで自分をアピールすることも大事でしょう。


国家君侯

師弟関係

『戦国セブン』の世界に踏み出す初心者のために、師弟システムが用意されています。

ゲーム画面の左下にある【社交】にマウスカーソルを合わせると各種社交メニューが表示されます。ここから【師弟関係】をクリックすると、自分の師匠となる人物を探すことができます。師弟関係が成立すると、一定の等級まで到達した際に弟子の師匠の両方に褒賞が与えられます。


  • 早期入門褒賞:初めてログインしてから3時間以内に師弟関係が成立すると、弟子に100礼券が与えられます。
  • 等級褒賞:弟子の等級が15、20、25、30、35、40になるたびに、弟子と師匠の両方に褒賞が与えられます。
師弟関係

時代背景

時代背景 紀元前280年ごろ。三国志の時代からさらに500年ほど昔、日本が弥生時代と呼ばれていた頃。中国大陸では7つの国がその存亡をかけて争っていた。

東に斉(せい)、西に秦(しん)、南に楚(そ)、北に燕(えん)
そして中央に韓(かん)魏(ぎ)趙(ちょう)の7ヶ国である。
時代背景
紀元前262年。
そんな戦国時代に終わりが見え始める。中央の大国・趙国が、西の秦国に大敗したのである。
この戦いで40万人を超える将兵を失った趙国は大きく国力を失い、もはや軍事力で秦国に対抗できる国はなくなってしまった。
そんな中、各国の有力者は、才能のある人物を食客(しょっかく)として雇い、個人の能力で事態の解決を図ろうと考える。

そして紀元前246年。
秦国は新しい国王を迎える事になる、名を嬴政(えいせい)、後の世に始皇帝と呼ばれる人物である。

嬴政の即位から2年後の紀元前244年。
海の彼方から謎の若者達が現われる。
彼らは何者かは知れないが、次々と東方六国へと入り、食客として秦国を打ち倒すための戦いを始める…。

主な登場人物

孟嘗君(もうしょうくん) <斉> 孟嘗君(もうしょうくん)斉国

斉国の王族で宰相。戦国時代に活躍した四人の人物・戦国四君(せんごくしくん)のひとり。
秦国の宰相を務めていたこともあるが讒言をきっかけに斉国へ逃亡する。
斉国でも高い才能を国王に疎まれている。

信陵君(しんりょうくん) <魏> 信陵君(しんりょうくん)魏国

魏国の王族で将軍。戦国四君のひとり。謙虚で義に厚い人物。
趙国首都が秦軍に包囲された際、国王の反対を押し切って助けに行き、これを打ち破る。

春申君(しゅんしんくん) <楚> 春申君(しゅんしんくん)楚国

楚国の宰相。戦国四君のひとり。
高い政治力と外交手腕を持って楚国を列強の1つとした。
だが、軍才は低いようで戦では勝ちが少ない。

平原君(へいげんくん) <趙> 平原君(へいげんくん)趙国

趙国の王族で宰相。戦国四君のひとり。
数千人の食客を集めた人物で、趙国首都が秦軍に包囲された際には、私財を投げ出し戦費とした。

韓非子(かんぴし) <韓> 韓非子(かんぴし)韓国

韓国の王族で思想家。法家の名著『韓非子』の著者。
始皇帝は『韓非子』を高く評価し、その政治において大いに参考にしたと言われている。

太子丹(たいしたん) <燕> 太子丹(たいしたん)燕国

燕国の王族。父王に代わり国の実権を握っている。
秦国王の嬴政とは幼なじみであるが、秦王になった彼からは小国の王と侮られている。

嬴政(えいせい) <秦> 嬴政(えいせい)秦国

秦国の国王。
後に始皇帝となる人物。父王の後を継ぎ13才という若さで国王となった。
聡明だがまだ若く、国政は宰相の呂不韋に牛耳られている。

呂不韋(りょふい) <秦> 呂不韋(りょふい)秦国

秦国の宰相。
商人であったが、人質となっていた嬴政の父に出会い、彼を救い王位につけることに成功する。
王を救った人物として秦国内で絶対的な権力を振るう。
太后と愛人関係にあり、嬴政は呂不韋の子ではないかと噂されている。

姜尚(きょうしょう) <その他> 姜尚(きょうしょう)

紀元前11世紀ごろの中国の王朝・周の名軍師。
日本では太公望(たいこうぼう)という呼び名で有名。
この時代にやってきたプレイヤーを色々と助けてくれる。

国家紹介

7つの国家は政治環境、地理要素、人文要素などにより、各々の個別の特性があります。

斉国

斉国 斉(せい)国は斉の臣・陳無宇の嫡子である陳乞が、田と改姓した後に政権を奪った国である。元の斉国と区別するため、田斉と呼ばれることもある。首都・臨淄の稷下の私塾には多くの人材が集まり、「稷下の学士」と呼ばれた。斉人は体格が良く、気骨のある人物が多い。

■初期国家特性:
体力上限 +0.2%×階級等級
内息上限 +0.4%×階級等級

楚国

楚国 楚(そ)国は南方に位置する国で、首都は寿春(当時は郢と呼ばれた)である。秦国との間には、韓と魏の両国が存在し、秦国の圧力とは比較的無縁でいられたいうこともあり、家臣は親秦派と反対派に二分されている。楚人は芸術に秀でており、美術品の鑑定目には定評がある。

■初期国家特性:
破撃率 +0.2%×階級等級
高級装備獲得確率 +0.2%×階級等級

魏国

魏国 魏(ぎ)国は、趙、韓の両国とともに晋から独立した国で、首都は安邑にあったが、現在は大梁にある。魏国の信陵君は他の五国と連合して秦軍を打ち破ったことがあり、今回も六国で協力することを望んでいる。魏国の武士は視力に秀でており、敵の弱点を的確に攻撃する。

■初期国家特性:
命中率 +0.3%×階級等級

燕国

燕国 燕(えん)国の名将・楽毅は、燕、秦、韓、趙、魏の五国で斉を攻め、斉の将軍・田単が火牛陣で燕軍を破って領土を奪い返すまでの5年間、斉国を支配下においた。しかし、燕国は楽毅の後に続く名将に恵まれず、強大な秦国に対応するため、秦王を暗殺するべく機会をうかがっている。

■初期国家特性:
暴撃率 +0.3%×階級等級

趙国

趙国 趙(ちょう)国は、武霊王の時代に胡服騎射を採用し、趙の騎馬兵は諸国に恐れられた。名将を次々と輩出したが、孝成王の時代に長平の戦いで40万もの兵を失って大敗した。これにより趙国の国勢は衰退しつつあるが、武芸が達者な趙人は未だに強兵であるといえる。

■初期国家特性:
付加攻撃力 +0.1%×階級等級
防御力 +0.2%×階級等級

韓国

韓国 韓(かん)国も晋から独立した国で、趙と魏両国とともに三晋と呼ばれる。北の山戎族の侵略により、韓国は次々と南へ移動し、新鄭を首都とした。軍事力が七国中、最弱であるが、長期にわたり侵略に対抗してきたため、韓人は個人戦闘能力に長けている。

■初期国家特性:
回避率 +0.3%×階級等級

秦国

秦国 秦(しん)国は、商鞅による行政改革後、一挙に戦国時代最大の強国となった。丞相・呂不韋が嬴政を迎えて秦王に即位させた後、秦の国力は日に日に増し、東方六国を虎視眈々と狙っている。函谷関を守る秦国大将・蒙傲は軍備を整え、東方侵攻の準備を行っているという。

※秦国はプレイヤーが選択できません。

職業紹介

キャラクターが等級10まで成長すると、職業(武器と技能派系)を選択する任務を受領します。
『戦国セブン』では槍(やり)、剣(けん)、匕首(あいくち)の三大武器があり、武器ごとにさら二つの派系に区分されます。

槍 槍使いは皆正々堂々とした戦場の義士であり、強健な体格を必要とし、腕力、生命を要とする。戦闘では最も強い物理攻撃能力と防御能力を持っており、世間では「士」と呼ばれる。

■破壊系 : 極めて高い殺傷力を誇るチームの鋭矛。命中率はやや劣るが、高い攻撃力を持つ技能を有しており、敵に破滅的なダメージを与えることができる。
■防護系 : 防護の槍法を駆使し、鉄壁の防御力と抜群の体力を誇るチームの盾。守備に特化した数々の技能を使いこなし、敵のいかなる攻撃をも受け止める。

剣 剣はその扱い易さと万能さから古今の侠客たちに最も愛され、用いられ続けてきた武器である。剣使いは非常にバランスの取れた戦闘能力を持っており、世間では「侠」と呼ばれる。

■剣宗系 : 剣術を駆使して戦う。腕力を活かした墨子剣法と、俊敏を活かした稷下剣法の2種類の技能を有し、成長過程によって異なる戦法を使い分けることができる。
■気宗系 : 内息による剣気を自在に操り、様々な技能を駆使して攻撃を行う。その半面、内息への依存度が高く、内息が尽きると戦闘力に大きな悪影響を及ぼす。

匕首

匕首 匕首使いは暗殺の達人である。その攻撃を予測するのは難しく、素早い行動と個人相手の殺傷と制御を重視し、俊敏と運気を要とする。市井に身を潜め、世間では「隠」と呼ばれる。

■制御系 : 匕首を巧みに利用して戦う。純粋な攻撃力や防御力はやや劣るが、俊敏な動作で相手を翻弄し、多種多様な技能を駆使して相手の能力を制御する技巧派。
■暗殺系 : 暗殺に特化した技能を持ち、俊敏な動作で相手の弱点を突いて致命的な打撃を与えて仕留める暗殺の達人。半面、防御は弱く自身の生存能力は低い。

キャラクター作成

初めて『戦国セブン』にログインしてサーバーを選択すると、キャラクター作成画面が表示されます。


キャラクター作成
①名前 『戦国セブン』をプレイするキャラクター名を入力してください。
一度、作成したキャラクター名は変更できません。
②性別 キャラクターの性別を選択してください。
③ゲーム開始 キャラクター作成を完了し、ゲーム画面に移動します。
④ログアウト キャラクター作成を取り消し、ゲームからログアウトします。

インターフェース

『戦国セブン』のインターフェースをご紹介します。


インターフェース
1.補助メニュー
1-1)サーバー名 現在プレイ中のサーバー名が表示されます。
1-2)現在の時間 現在日時が表示されます。
1-3)礼包 【礼包】画面を開きます。
プレゼント(礼包)の受け取りや、今までにもらったプレゼントの確認ができます。
1-4)ブックマーク 現在プレイ中のサーバーをブックマーク(お気に入り登録)することができます。
1-5)設定 【個人設定】【個性宣言】【戦闘フィルタ】の設定を行います。
・個人設定:タイトルバー表示の変更、書簡フィルタの設定、データ削除の申請ができます。
・個性宣言:他のプレイヤーとの対戦時に表示される文章をカスタマイズできます。
 ※個性宣言はプレミアムユーザーのみ設定できます。
・戦闘フィルタ:鍛錬の申し込みを受け取る対象を設定します。
1-6)チャージ クリックすると黄金購入ページが別ウインドウで開き、黄金を購入することができます。
1-7)ヘルプ プレイ中、分からない事がありましたら、ここをクリックしてください。
ゲームに関する各種ヘルプを確認できます。
1-8)終了 ログアウトしてゲームを終了します。
2.キャラクター
2-1)キャラクター 『戦国セブン』で使用しているキャラクター名と画像です。
【一般↑】(既にプレミアムユーザーの場合は【プレミアム】)をクリックすると、プレミアム機能の購入画面を開きます。
プレミアムユーザーのみ、キャラクター画像をクリックすると画像の変更ができます。また、各種効果アイテムや補助技能などを使用していると、キャラクター画像の上に発動している効果のアイコンが表示されます。
2-2)任務 【任務】画面を開きます。
「現在の任務」「受領可能任務」「完了済任務」を確認できます。
2-3)人物 【人物】画面を開きます。
キャラクターの詳細情報の確認、能力点の分配、アイテムの装備などができます。
2-4)技能 【技能】画面を開きます。
現在装備している主動技能の確認や変更、技能の修練、補助技能の使用などができます。
『戦国セブン』には「主動技能」「受動技能」「補助技能」の3種類の技能があります。
2-5)書簡 【書簡】画面を開きます。
友人からの書簡やシステムからの告知の確認、書簡の送信などができます。
また、取引記録や最新50件までの行動履歴の確認もできます。
2-6)基本情報 キャラクターの基本情報が表示されます。
現在の等級、経験値、階級などの確認や、PK状態の切換、身分の確認、所持している銅貨や黄金などの確認ができます。
3.城内画面
3-1)城内重要施設 本国の城内には『戦国セブン』のプレイに必要な各種施設が集まっています。
3-2)野外地図 【野外地図】を開きます。
地図上の移動したい場所をクリックすると、一定額の銅貨を支払って簡単に移動できます。
3-3)函谷関特務 複数のプレイヤーが協力して挑戦する【特務】の舞台となる「函谷関」に移動します。
3-4)渑池に移動 等級20以上のキャラクターのみ入ることができる城「渑池」に移動します。
3-5)無料くじ 毎日1回、さまざまな特典を獲得できる【無料くじ】を引くことができます。
ただし、獲得した特典はその日の夜12時までに使用しないと無効になります。
3-6)美人画廊 『戦国セブン』では一定条件を満たすと「美人画像」を獲得できます。
獲得した「美人画像」はここで確認できます。
4.メインメニュー
野外地域にいるときでも、メインメニューから城内施設の画面を開くことができます。
また、黄金を消費して高級材料を購入するための「商店」画面を開くことができます。
4-1)設施 【競技場】【奴隷市場】【栄誉樹】【交易市場】【美人画廊】の各種画面を開くことができます。
4-2)社交 【友人名簿】【仇敵名簿】【プレイヤー検索】【主従関係】【師弟関係】【取引記録】の各種画面を開くことができます。
4-3)武館 【所属武館】【武館招待】【武館検索】の各種画面を開くことができます。
4-4)国家 【国家情報】【君侯選出】【歴代君侯】【国家功労者】【指名手配犯】【国家管理】の各種画面を開くことができます。
4-5)順位 【個人順位】【能力順位】【武館順位】の各種画面を開くことができます。
4-6)商店 【高級材料】【プレミアム】の購入画面を開くことができます。
どちらも黄金や礼券を消費して購入することができます。
5.チャット
5-1)チャットタイプ 「世界」「国家」「地域」などのチャットタイプを選択できます。
 (使用できないチャットタイプは表示されません)

・世界:サーバー内のすべてのプレイヤーに発言が届きます。
・私信:指定したプレイヤーにのみ発言が届きます。
・国家:同じ国家に所属しているプレイヤーに発言が届きます。
・地域:同じ地域にいるプレイヤーに発言が届きます。
・師弟:師弟関係にあるプレイヤーに発言が届きます。
・武館:同じ武館に所属しているプレイヤーに発言が届きます。
・部隊:特務内で一緒の部隊を組んでいるプレイヤーに発言が届きます。
5-2)チャット入力 チャット入力欄に発言を入力してキーボードの[Enter]キーを押すと、メッセージが送信されます。
入力欄の右にあるチャット画面のサイズ調節ボタンをクリックするとチャット画面のサイズを調節できます。
5-3)チャット表示 送受信したチャットメッセージのほか、システムからのお知らせなども表示されます。
発言者の名前の右にある操作をクリックすると、そのプレイヤーに対して下記の操作ができます。

・情報を見る:そのプレイヤーの人物情報画面を開きます。
・友人に追加:そのプレイヤーを友人名簿に追加するための入力画面を開きます。
・取引する:そのプレイヤーとアイテムの取引を行うための取引画面を開きます。
・鍛錬申込:そのプレイヤーに対し鍛錬(対戦)の申請を行います。

弟子になるには

入門(師匠を選択)

キャラクターを作成し初めてゲームにログインすると、システム側より自動的に、現在ログインしている「師匠資格申請済みプレイヤー」の中からランダムで3人を「師匠候補」として紹介します。その中から1人を正式な師匠として選択し入門することで、師弟関係が結ばれます。


メインメニューの【社交】にある【師弟関係】をクリックすると、
師匠候補を確認することができます。

プレイヤーの等級が18以上になると入門することができなくなりますので、
それまでに師匠を選択して入門しましょう!
入門による褒賞の獲得
早期入門褒賞:初めてゲームにログインしてから3時間以内に入門して
師弟関係が結ばれると、褒賞として100礼券がもらえます。

等級褒賞:入門後、自分の等級が15、20、25、30、35、40級になるたびに、
等級に応じた褒賞がもらえます。
離門(師匠の門下を離れる)

「入門したけど、師匠が全然助けてくれない!」そんなときは、師匠の門下を離門し、別の師匠に再度入門することができます。
自分の等級が17以下までの間は、1日1回の離門機会があります。


【師弟関係】画面の下にある離門するをクリックすると離門することができます。


離門すると、システムから再度3人の師匠候補が紹介されるので、再び1人の師匠を選択し入門します。
等級が18以上になった後に離門すると、再入門することができなくなりますので注意が必要です。


師匠になるには

師匠資格の申請

等級が18以上になると、師匠資格の申請を行うことができます。
【師弟関係】画面を開き「師匠資格の申請」をクリックすると申請を行います。


師匠資格の申請
弟子の募集

初心者プレイヤーに「師匠候補」として自分を紹介してもらうには、ゲームにログインしている必要があります。朝8時から夜22時までの間にログインしていて、かつ弟子の定員に余裕がある場合に限り「師匠資格申請済みプレイヤー」の中からランダムで3人が「師匠候補」に選ばれます。運良く自分が「師匠候補」に選ばれたら、初心者プレイヤーにチャットでアピールするなどして、何とか自分を正式な師匠として選んでもらいましょう!

真面目な指導

師匠の最大の役割は「弟子の成長を手助けする」ことです。弟子がプレイ中にさまざまな困難に直面したときには、一緒に困難を解決してあげましょう。晴れて弟子の等級が40に到達すると弟子は出師(卒業)となります。無事に弟子を出師させることができれば師匠としての実績が上がり、弟子の定員を増やすことができます。これ以外にも、もし自分の弟子が他のプレイヤーの奴隷になってしまった場合は、奴隷主と戦闘し弟子を救出することができます。

弟子の整理

弟子が師匠から離門できるように、師匠も弟子を破門することができます。ただし、師匠が弟子を破門する場合には懲罰として銅貨を消費します。なお、弟子が長期間ゲームにログインしなかった場合は、システムが自動的に師弟関係を解除します(その場合は懲罰はありません)。

師匠への褒賞

弟子の等級が15、20、25、30、35、40等級になるたびに、等級に応じた褒賞がもらえます。


師匠もしくは弟子になったあとは、メインメニュー【社交】の【師弟関係】画面から、自分の師匠および弟子を確認できます。

【師弟関係】画面からは自分の師匠や弟子、および同門(兄弟子、弟弟子)の情報や現在のログイン状態の確認ができます。
また、書簡や私信チャットを送ることもできます。

離門や破門、弟子募集の停止なども【師弟関係】画面から操作できます。

ブラウザゲーム おすすめ

ブラゲーフリー

無料ブラウザゲーム 人気順位

ブラゲーはおもしろい

ブラゲー無料で遊ぼう!

ブラゲー案内

ブラゲー情報

フリーゲームおすすめ

ドラゴンクルセイド2

まじかるブラゲ学院

キングダムサーガ

戦国セブン

化粧品